トンボロ

スタッフブログ

  • Atomで好きなディレクトリをConEmuで開く「Open ConEmu Here」

    ,  2017/02/10

    Atomでコーディングをしているとき、その場でターミナルを開きたいと思う場面がよくあります。Atomのツリービューからターミナルを開けるパッケージとしては「Open Terminal Here」が有名です。Windowsならコマンドプロンプト、Macなら標準のターミナルやiTerm2などを簡単に呼び出すことができます。

    ところがWindowsのターミナル「ConEmu」はOpen Terminal Hereに対応していないのか(私の設定がダメな可能性もあるのですが)上手く起動してくれず困っていました。

    そんなとき役に立ったのがAtomのパッケージ「Open ConEmu Here」です。コマンドプロンプトから下記のコマンドを入力してインストール、または管理画面から検索してもOKです。

    apm install open-conemu-here

    あとは設定画面にて、下記のようにConEmuの実行ファイルを指定します。

    パラメータ -reuse を指定しておくと、ConEmu側にて既存ウィンドウの新規タブを開いてくれます。その他のパラメータについてはConEmuのドキュメントを参照してください。

    最近はWindowsでもbashが使えたり、Node.jsを利用した開発が当り前になったりと、ターミナルを使う機会が増えましたね。そんなとき少しでも時間短縮になるのではと思います。

    タグ: ,