WP REST APIでもmeta_queryやtax_queryを自在に書けるプラグイン “WP_Query Route To REST API”

WordPressコアにREST APIが組み込まれてから1年余りが経ちました。弊社でも少しづつ制作に取り入れており、Ajaxで取得したJSONをパースしてjQueryでDOM操作するなど、簡易的なSPAを作ったりしています。

カスタムタクソノミーやカスタムフィールドを活用したサイトの場合、様々な条件で絞り込み表示をしたり、検索機能をつけることがよくあります。PHPであればWP_Queryを利用して複雑な条件にも対応できますが、JSからREST APIを叩く場合には、あまり細かな条件指定ができません。

あらかじめAPIのカスタムエンドポイントを追加しておく、という手段も一応はあるのですが、もっと手軽に実装する方法をご紹介します。フィンランドのAucor社が開発したプラグイン WP_Query Route To REST API です。GPL2+ライセンスで公開されています。

使い方は簡単。GitHubからプラグインをダウンロード、インストールして有効化すればOKです。たとえば下記のようなJavaScriptを書くと、WP_Queryを使って記事を取得することができます。

PHPとの違いといえば、meta_queryに複数のパラメータを指定する際、配列の添え字 (0, 1, 2…) を書く部分でしょうか。それ以外は、PHPでの書き方とほとんど変わらず、すぐに慣れることができます。

JSONの取得さえできれば、あとはお好みのライブラリで処理すればOKです。私も今はjQueryを便利に使っていますが、そろそろaxiosやVue.jsを取り入れたいな、と考えているところです。

私たちは、WordPress専門のウェブ制作会社です。

WordPressサイトの制作や、カスタマイズを承ります。
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。